国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林整備センター Forest Research and Management Organization

本文へ移動する

センター紹介

水源林造成事業の役割

森林研究・整備機構 森林整備センターの事業は「緑のダム」を育てています

日本の国土面積は、約3,800万ha うち、森林は7割の約2,500万ha

国土面積(約3千8百万ha)の構成
森林:約2千5百万ha(うち保安林以外1千3百万ha、保安林1千2百万ha)、農用地:約5百万ha、その他(宅地・道路等):約8百万haです。
保安林は国有林約7百万ha、民有林約5百万ha。うち約48万haが当センター整備分です。

森林の役割は多岐に亘りますが、次の3つを始めとする多面的機能を有しており、(1)(2)が「緑のダム」と言われる機能です。

  1. 水源のかん養
  2. 山崩れ・土砂流出の防止
  3. 二酸化炭素の吸収・貯蔵
1ヘクタールは10,000平方メートル。約48万ヘクタールは東京都と神奈川県をあわせた広さとほぼ同じです。

森林整備センターは、民有保安林の約1割、ダム上流等の水源地域など国土の「骨格」ともいえる奥地山間部の約48万haに10億本以上の植林を行い、水源林の整備保全を行っています。

「奥地水源林」は、私達が日常あまり意識しない山間部や奥地にあり、いわば国土の「骨格」に相当する部分に位置しています。

この国土の「骨格」にある奥地水源林から国民生活に不可欠な水の供給が行われています。奥地水源林の機能を十分に発揮していくため、その適切な整備(計画的な植栽、育成、間伐)は大変重要です。

ページの先頭へ