水源林造成事業

水源林造成事業の概要 ~奥地水源地域の森林を造成~

水源林造成事業とは

  • ダムの上流域などの水源かん養上重要な奥地水源地域の民有林保安林のうち、水源かん養機能が劣っている無立木地、散生地、粗悪林相地などを対象に早期に森林を造成し整備する事業です。
  • 森林開発公団(現在は森林研究・整備機構 森林整備センターが承継)により昭和36年(1961年)に開始され、これまで、全国で約48万ha、東京都と神奈川県の合計面積に匹敵する水源林を造ってきました。
  • 成林した水源林は、国民の皆様の生活に不可欠な水源のかん養、国土保全等に大きく役立っています。

事業の流れ

(1)事業着手前(2)植栽(3)保育(4)間伐(5)複層林施業、蘇る清流、針広混交林施業

ページの先頭へ