国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林整備センター Forest Research and Management Organization

本文へ移動する

水源林造成事業

水源林造成事業のあゆみ

昭和36年度
水源林造成事業の開始
(実施主体:現森林研究・整備機構 森林整備センター)
  • 戦時中の乱伐、薪炭材利用などにより荒廃した奥地水源地域の民有保安林内で森林を造成
針葉樹主体の一斉林 普通伐期(50年程度)
平成3年度
長伐期・針広混交林の造成に着手
(水源林特別対策事業)を導入
針広混交林
平成8年度
育成複層林の造成に着手
(水源複層林整備事業)を導入
育成複層林
平成20年度 ~
平成29年度
「面的な整備」の取組を開始
水源環境林整備事業)を導入
  • 分収造林契約地の周辺にある育成途上の森林を対象に間伐等の森林整備を実施
令和3年度
「面的な整備」の取組を拡充
面的整備)を導入
  • 分収造林契約地周辺にある被災リスクの高い森林を対象に育成複層林を造成
令和4年度
市町村等と連携した
造林未済地の解消対策を開始
  • 令和2年度末までに伐採された土地のうち、伐採後に市町村等に寄附又は贈与された造林未済地を対象に針広混交林を造成

ページの先頭へ