国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林整備センター Forest Research and Management Organization

本文へ移動する

センター紹介

森林整備センター所長挨拶

森林整備センターへようこそ。

森林整備センター所長 大山 誠一郎の写真

我が国では、戦中から戦後の大規模な森林伐採等により荒廃した国土を緑化する取り組みが行われてきました。

森林整備センターでは、昭和36年から水源かん養上重要な民有保安林のうち、無立木地や散生地など森林としての機能が低下している箇所を分収造林方式で整備する水源林造成事業を実施しており、現在までに民有保安林の約1 割に相当する48万haの森林を造成しました。

これらの森林は、洪水や渇水の緩和及び水質浄化といった水源かん養機能はもとより、地球温暖化防止に資する二酸化炭素の吸収・固定、土砂流出防止、生物多様性の保全など多様な機能の発揮のほか、この事業の実施を通じて、就労機会の少ない山村地域の安定した就労の場の提供などによる地域振興においても重要な役割を果たして参りました。

平成28年5月には、国立研究開発法人森林総合研究所法が改正され、平成29年4月から当センターが行う水源林造成事業が暫定的な業務から本則に位置づけられた業務となり、また、森林総合研究所の名称も森林整備を行うことが明確になるよう森林研究・整備機構とされたところです。

このような、当センターの果たすべき役割の重要性の高まりを踏まえ、今後とも、森林の有する多面的機能を持続的かつ高度に発揮させるため、森林整備の低コスト化、再造林技術の普及等に民有林や国有林と連携しながら積極的に取り組み、林業の成長産業化に貢献できるよう職員一丸となって努力して参ります。

森林整備センター所長 大山 誠一郎

ページの先頭へ