国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林整備センター Forest Research and Management Organization

本文へ移動する

水源林造成事業

水源林の公益的機能 ~全国約48万haの水源林~

水源林は、私たちの暮らしに大きく貢献しています

水源涵養機能

  • 良質で豊かな水を供給
  • 洪水防止や水質の浄化
イメージ画像

年間約32億m3を貯水
(東京都で使う約2年分の水量(※)に相当
(※ 東京都水道局ホームページより))

環境保全効果

  • 二酸化炭素の吸収
  • 酸素の放出・大気浄化への寄与
イメージ画像

年間約260万トンの二酸化炭素を吸収
(約123万世帯の年間消費電力の発電時に排出されるCO2量に相当)

山地保全効果

  • 土砂の流出・崩壊の防止
  • 災害に強い森林整備
イメージ画像

毎年約9千6百万m3の土砂の流出を防止

水源林の公益的機能の効果額は、貨幣換算可能なものだけでも
年間約9千3百億円

  • (注)公益的機能効果(単年度)は昭和36年度から平成28年度までの56年間に造成された水源林全体(平成28年度末状況)が平成28年度の1年間に発揮した公益的機能効果を示しています。
  • (参考) 日本学術会議による「地球環境・人間生活にかかわる農業及び森林の多面的機能の評価について (答申)」(平成13年11月)による全国の森林の持つ多面的機能の貨幣評価額は約70兆円/年です。これを全国の森林面積に対する水源林造成事業面積の割合により試算すると約1兆3千億円となります。「水源林造成事業による公益的機能効果の試算」では、標準伐期齢未満の森林の機能量は林齢に比例して増加するとしていることや、保健・レクリエーション機能は試算していないことなど試算方法が異なることから、効果額に差(約4千億円)が生じています。

水源林造成事業は、公益的機能の発揮を確保するための
セーフティーネットとして引き続き貢献していきます

森林・林業基本計画(平成28年5月閣議決定)抄

第3 森林及び林業に関し、政府が総合的かつ計画的に講ずべき施策
  1. 森林の有する多面的機能の発揮に関する施策
    (5)多様で健全な森林への誘導
    ②公的な関与による森林整備の促進
    急傾斜地・高標高地など立地条件が悪く、森林所有者の自助努力等によっては適正な整備が見込めない森林等の公益的機能の発揮に向けて、将来的な整備の負担を大幅に軽減する観点から、立地条件に応じて広葉樹の導入による針広混交の育成複層林への誘導等の多様な整備を推進する。
    水源林造成事業については、針広混交の育成複層林の造成等へ転換する施業を推進することとし、新規契約については、伐期を長伐期化、主伐面積を縮小・分散し、現地の広葉樹等の植生を活かした施業を指向する。既契約分についても長伐期施業等への見直しを進める。

ページの先頭へ