国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林整備センター Forest Research and Management Organization

本文へ移動する

中国四国整備局 地勢・地質・気候(島根県)

1.島根県の概要

1.地勢

写真

島根県は本州の西南部に位置し、北は日本海に面し、東西に細長く伸びその海岸線は1,000km以上に及んでいる。東は鳥取県、西は山口県、南は吾妻山・恐羅漢山を結ぶ中国山地背稜部をもって広島県に接している。また、日本海には隠岐諸島があり、県土の総面積は約6,700km2で全国第19位の広さとなっている。水系は中国山地を源とし日本海に注いでおり、長さ 200kmにも及ぶ江の川を中心に、斐伊川・高津川の主要河川があり、いずれも水資源確保の面から重要な流域となっている。

2.地質

県東部から中部にかけて中生代の花崗岩、西部は中生代の酸性火山岩類がその主流を占め、一部は古生代の古生層が見受けられる。

3.気候

年平均気温は内陸平野部で13~14度、海岸地帯では14度と多少高く、年平均降水量は2,000mm内外である。降雪量は平野部では少ないが、山間部にあっては平均1.0~1.5mの積雪が見受けられる。

2.島根県における水源林造成事業

業務は、松江水源林整備事務所が実施しています。

水源林造成事業の実績はこちらへ

ページの先頭へ